訪問看護・24時間在宅サポート つやま訪問看護ステーション

  • トップ
  • サービス内容
  • アクセスマップ
  • 平日 9:00~17:00 土曜日は13:00まで 定休日:日曜祭日・年末年始

サービス内容

地域の利用者様、医療機関の先生、ケアマネジャー様から選ばれる訪問看護ステーションを目指します。

~訪問エリア内であれば、どんな困難ケースでもけっして断らないで受けていく~

医療面の連携でお困りの方、私たち訪問看護師にお任せください。24時間連絡体制をとっておりますので、緊急時・急変時・心配事がある時は、いつでもご連絡ください。

病状観察、病状管理 療養、介護相談、指導
主治医との医療連携(報告・指示・対応) 24時間緊急連絡体制・緊急訪問対応
関連機関連携
(各サービス職種との連携、情報の共有)
入浴介助・保清援助
(清拭・洗髪・足浴・爪きり等)
創処置、床ずれ処置、リハビリ、精神的ケアー、介護者の相談、排泄ケアー(排便コントロール)、
カテーテル類管理(尿カテーテル・胃ろうカテーテル・経鼻カテーテル・気管カニューレ等)
吸引・吸入・在宅酸素療法・人工呼吸器・中心静脈栄養点滴・点滴
食事指導・内服管理・検査等の診療の補助

訪問看護内容については、相談しながら対応していきます。

対象の方

訪問看護が入るには、主治医の先生からの訪問看護指示書が必要になります。

主治医の先生が、訪問看護が必要であると判断し、指示書をいただければ、どんな方にでも訪問看護は可能です。(指示書は、こちらから主治医の先生にお願いしますので、ご安心ください)
主治医の先生と、訪問看護ステーションの間で医療連携を図ります。

医療保険対象者の方
  • 40才未満の方
  • 介護保険非該当の方
    (自立と判定された方でも訪問看護は入れます)
  • 介護認定された方でも、下記の疾患の方は医療保険で訪問看護に入ります。
    多発性硬化症、脊髄小脳変性症、プリオン病、重症筋無力症、脊髄損傷、スモン、ハンチントン舞踏病、後天性免疫不全症候群、進行性筋ジストロフィー症、パーキンソン関連疾患、筋萎縮性側策硬化症、シャイドレガー症候群、人工呼吸器を使用している状態の方、末期の悪性腫瘍
  • 介護保険利用の方でも、一時的に急性増悪等(脱水で連日の点滴が必要、また退院後の病状が不安定で連日の訪問が必要、床ずれが悪化し連日の処置が必要など)の時、主治医の先生より特別訪問看護指示書をもらいます。その日付より14日間は、 医療保険にきりかえての訪問看護が可能です。

介護保険要介護認定を受けている方
  • 介護予防訪問看護(要支援1・要支援2)
  • 介護保険訪問看護(要介護1・要介護2・要介護3・要介護4・要介護5)

担当のケアマネジャーの立てるケアプランの中で、訪問看護が入ります。
認定によって支給限度額の上限もありますので、ケアマネジャーにご相談ください。

訪問時間・料金(利用者負担額)

介護保険
  • 1. 訪問看護1(30分未満)1回450円
  • 2. 訪問看護2(30分~1時間未満)1回870円
  • 3. 訪問看護3(1時間~1時間半未満)1回1,260円
  • 4. 緊急時訪問看護加算(24時間緊急時訪問連絡体制を希望される方のみ)
      月1回算定 1ヶ月 570円(緊急訪問しなくても加算されます)
  • 5. 特別管理加算(カテーテル等の管理が必要な方)
      月1回算定 1ヶ月 260円
医療保険

1回の訪問時間は、30分~1時間半未満です。
利用者負担額は、医療保険の負担率によって決まります。
(難病や障害者の方の一部は、無料となる方もあります)